最新記事

8/6,7,8 オープンハウスします。

8月のお盆前に、3日間連続の町家のオープンハウスを行います。 工事前の見学会・入居者募集@三社町家 8月6日(土) 13:00-17:00 金沢市三社町11-8 三社町家は、3軒長屋のかわいい町家です。 ほぼ同じつくりなのですが、ちょこっとずつ違っています。 今回のオープンハウスは、これから工事に入る前の状態を見ていただきます。 来年の春に入居できる予定です。 施工:株式会社越島工務店 仲介:ことのは不動産 工事後の見学会・入居者募集・リフォーム相談会@石引町家 8月7日(日) 13:00-17:00 8月8日(月) 10:00-13:00 金沢市石引2丁目21-12 石引町家は、白山坂の途中にある町家です。 7月に工事が終わり、きれいな状態に生まれ変わりました。 入居者を募集中です→ 坂の途中にあって見晴らしがいいので、ふすまにちょっと変わった山型の壁紙を貼っています。 こっそりとちょっとした工夫を凝らしています。 当日は、株式会社YAMAGIWA金沢営業所さまのご協力の元、照明や家具をレイアウトをしております。普段はあまり見られない町家とモダンな照明や家具のコーディネートをご覧いただけます。 また、ふすま紙で使っております壁紙WhOのサンプルブックを特別にご用意しております。今回はふすま紙として使っておりますが、壁のワンポイントとしてもとてもデザイン性の高い壁紙です。 WhOのウェブサイトでも石引町家をご紹介していただいておりますので、ご参考までに→ 和として捉えられがちな町家ですが、モダンなテイストを加えることで、また違ったよさを見出すことができます。このようなコーディネ

旧友。

先日、旧友と20年ぶりに会った。 10代の頃は東京の西で、20代の頃は京都の北で、30代は音信不通で、40代で再開した。 4時間という短い時間だったけれど、今は世界を相手に仕事しているようだ。 10代の頃、眉間にしわを入れながら話していたしわは更に深くなっていた。 次回は旧友の仕事場であり生活の場でもあるニューヨークで再開したい。

羽ばたく

昨年秋あたりにお話を頂いた案件。 物件選びからクライアント共にさまざまなハードルを乗り越えながらやっと「ゲストハウス」のカタチが作れるところまできました。 宿泊施設の設計は2回目。とは言え前回とは異なる条件での内容でとても苦労しました。 工事もまもなくスタート、大きく羽ばたいてほしい!!

準備中

レンタサイクル、不動産、建築に追加される新たな業務の準備中。 図面を書いて、予算を考えて、事業計画をつくり・・・。 その道のプロフェッショナルの方の話や本を読み、目からうろこの話であったり本当に日々勉強です。 新しいことにチャレンジする度に世の中には様々な業種の中にそれぞれにプロフェッショナルな方がいるなと思います。 で、「なにすんねん!!」とツッコミがありそうですが、ほぼスタートがみえてから告知しようと思います。

破壊と創造

設計をしているとどうしても、金額的な減額作業というのがあります。 これ削って、変えて、工夫してとか優先順位をつけて決めています。 でも、どうしてもしなければならない作業があります。 そのためにクライアントが自ら作業して減額するということもあります。最近で言うとDIYというのでしょうか。 今回のプロジェクトは今までもっとも若いクライアントが、「僕、やります!!!」ということで先月末からスタートしました。 写真上が途中の状態。写真下が以前の状態。 何になるかはまだ言えませんが、今年の仕事の中でも色んな意味で最も経験大なプロジェクトです。

蒸暑い特設リング

早いもので工事がスタートしてから早2ヶ月の金沢市天神町の賃貸住宅プロジェクト。 あの時はまだ涼しかった現場事務所(特設リング)ですが、6月末からの梅雨入りで段々と蒸暑くなってきました。元請けさん、電気さん、設備さん、クライアント、我々と隔週で定例会議をしています。 1階の部屋内の様子。左はサッシは庭用、右のサッシはユニットバス用。贅沢にも庭を見ながらの風呂。 土間仕上げの1階はこの近辺での賃貸住宅には全くないので大きなインパクトを与えると思います。 赤いヘルメットはコロコロさんです。 多くの賃貸物件だと適当に扱われる駐輪スペースですが、今回の改修で屋内化し部屋数分だけの駐輪数は確保しました。写真に写る設備さんはかなりの汗をかいておりました。

2拠点という生活

よく色んな方から拠点はどこなんですかと聞かれることがあります。大体、「2拠点です」と応えています。 拠点が複数あると生活するための経費費が結構かかります。 特に移動費が。 一方で、「景色の出会い」や「人の出会」もあります。

上京のテラスハウス

6月からはじまった上京のテラスハウス。 隣り合わせの2棟をそれぞれ2戸に分けて、全部で4戸のテラスハウスにして貸し出す予定のプロジェクトで、 完成は9月末を目標にしています。 各住戸は概ね30平米でトイレ、洗面、ユニットバス、キッチン、そして小さいですが庭が付いています。詳細はアップする予定なので、頭の片隅において頂ければ幸いです。 歴史的に言うと、平安時代の平安京の大内裏、室町時代は応仁の乱の西陣の陣地、安土桃山時代は豊臣秀吉の聚楽第本丸の近くになり、1200年前からの権力の栄枯盛衰をみてきた場所。今はと言うと、京都市の「千両ヶ辻界わい景観整備地区界わい景観整備計画地区」。 建物自体はそんなに古くなく、築40年ぐらいの在来工法と築80年ぐらいの改築の多い伝統工法の建物。 とは言え、解体時には陰陽師で有名な「清明神社」の棟札が母屋にかかっていました。

柄マジック

2013年の夏から始った石引町家プロジェクト。 金沢市内の戸建て賃貸物件。 お施主さんからは「デザインは自由にしていい」という条件、自由ってのが一番難しい。 1階の座敷のフスマには建物から白山連峰が見えることから柄は山並みのものを選び、金沢という事で引手は金に塗装。ベタに大きな面を金にするのは野暮かなと。 2階の座敷のフスマには6角形の柄を思い切って使いました。 キッチンの天井は取り外し、梁などをみせています。 4回目の夏にやっと完成を見そうな感じ。さてと、そろそろ賃貸の準備をと。

カテゴリー
タグ
アーカイブ
リンク