上京のテラスハウス

July 2, 2016

|

6月からはじまった上京のテラスハウス。

隣り合わせの2棟をそれぞれ2戸に分けて、全部で4戸のテラスハウスにして貸し出す予定のプロジェクトで、

完成は9月末を目標にしています。

各住戸は概ね30平米でトイレ、洗面、ユニットバス、キッチン、そして小さいですが庭が付いています。詳細はアップする予定なので、頭の片隅において頂ければ幸いです。

 

 

 

歴史的に言うと、平安時代の平安京の大内裏、室町時代は応仁の乱の西陣の陣地、安土桃山時代は豊臣秀吉の聚楽第本丸の近くになり、1200年前からの権力の栄枯盛衰をみてきた場所。今はと言うと、京都市の「千両ヶ辻界わい景観整備地区界わい景観整備計画地区」。

 

建物自体はそんなに古くなく、築40年ぐらいの在来工法と築80年ぐらいの改築の多い伝統工法の建物。

とは言え、解体時には陰陽師で有名な「清明神社」の棟札が母屋にかかっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon